口臭原因の一つは膿栓にあった!対策方法とは?

口臭原因の一つは膿栓にあった!対策方法とは?

歯磨きをしっかりしているのに口が臭くて悩んでいるという方。
もしかしたらその原因は【膿栓】の可能性があります。

 

【膿栓】ってあまり聞いたことない人が多いと思いますが、喉の奥の扁桃腺がへこんでいるところに、
口・鼻から細菌から喉を守ろうと作用し、免疫物質が分泌されます。

 

その免疫物質を倒した細菌が上手く排泄されず、どんどん溜まっていき、食事をした時に
残ってしまったカスがどんどん合わさっていくことで白い塊になり、【膿栓】が出来てしまうのです。

 

大きさは大体3ミリ〜5ミリで【膿栓】をつぶしてしまうと、とても不快な臭いを発し、くさい玉、におい玉とも言います。

 

そしてこの膿栓は乾燥した時期、特に冬になりやすく、細菌は乾燥した空気にいるチリやホコリとくっ付くので、細菌の侵入が多くなり、膿栓がますます大きくなってしまいます。
基本的にはある程度でほとんどの人が排泄できますし、【膿栓】はどんな人でも大きさ関わらずあるのです。

 

 

そんな物が出来てしまうなんて病気の初期症状なのでは?と思うかもしれませんが、膿栓は病気にはならず、細菌が死んだものがくっついているだけですが、それだけではとどまらず、不快な臭いを発し続けるのでこの場合いくら歯磨きをしたところで、膿栓が出来ている場所は扁桃腺が凹んでいるところなので、どれだけ歯を磨いたところで摂ることはできません。

 

また、膿栓ができてしまったからといって耳鼻咽喉科に行っても手術は基本的には行わないのです。
なぜかと言うと、膿栓は確かに口臭を放つものでできたしまった本人からしては苦痛ですが、膿栓はあくまでも病気ではないですし、自分で膿栓を取ろうとしてしまうと傷をつけてしまい、そこからまた免疫物質が出てきて細菌を倒すのでますます膿栓は大きくなってしまいます。
どうしても膿栓を何とかしたい場合は腺窩洗浄、膿栓吸引をする方法もあります。

 

 

膿栓対策はどうすればいい?

膿栓が出来てしまう原因にも書いたとおり、自分で膿栓を取るのは絶対にやめましょう。
リンパ腺を悪化させてしまい、別の病気を発症させてしまう危険性があります。
膿栓ができないように、大きくしないようにする対策としては4つ方法があります。

 

 

水を多く飲む

 

口臭になってしまう原因として水分が少ないことにより、唾液が出なくなってしまいます。唾液には殺菌作用があるので、唾液が少ないと口が臭くなってしまいますし、膿栓も悪化していきます。
ドライマスクといわれ、口腔内が乾燥しているので水をたくさん飲むのが苦手と言う人は口の中に水を少し含んで潤すだけでもいいです。

 

 

口腔内を刺激して唾液の分泌増加

唾液を増やすことで口臭を防ぐことができるので、口腔内を刺激して唾液を増やしてあげましょう。
やり方は舌をぐるぐる回して、口腔内を舐めるように舌を動かすことです。
この方法を行うことによって、唾液が増えていきます。

 

 

カテキンの殺菌作用で口臭予防

カテキンには細菌やウィルスを減少させる効果があります。
緑茶や紅茶にはカテキンが入っていますので、緑茶やカテキンでうがいするととても効果があります。
細菌を全部滅することはできますが、これだけでも細菌やウィルスを大幅に減少させることができるのです。

 

 

歯磨きをしっかりする

膿栓ができてしまう原因として細菌が食べカスと一緒に合わさってしまうことが原因なので、食べカスがたまらないように、しっかり歯磨きをすることが大事です。
定期的に歯医者に行って、歯石取りをしてもらうのも効果的でしょう。
口臭の原因は全て膿栓なわけではないので、歯周病や虫歯にならないためにも歯磨きはしっかりすること必要があります。
忙しくて歯磨きに時間をかけてられないという人はこまめに歯磨きをするのもいいので、朝晩だけではなく、昼ご飯を食べた後に歯磨きをする習慣をつけましょう。

 

 

なたまめ歯磨きで口臭クリア

なたまめは古くから口臭予防として広く知られており、歯磨き粉だけではなく、口臭予防サプリメントにも配合されています。
口臭がする、朝起きた時に口の中がネバネバしているなどに効果があります。
自然歯磨きなので成分もきちんと安全なものを使っており、安心して口の中をさっぱりさせることができます。

 

価格は1本1800円なので、スーパーやドラックストアで販売している歯磨き粉より高いので少し躊躇してしますが、口臭は周囲を不快にするものですし、膿栓から発生する口臭はすぐにはよくならないので、膿栓が比較的にマシになる間だけでもなたまめ歯磨きを使って口臭予防をすることをおススメします。

 

また、なたまめ歯磨きは小さいお子様から高齢の方まで幅広く使うことができるので、家族みんなで口臭予防ができるのも魅力の一つです。

 

小さいお子様でも意外となかなか歯磨きをきちんとさせてくれなくて口臭が出てしまうこともありますし、高齢になるにつれ、歯周病がひどくなることが多いので、家族みんなでなたまめ歯磨きで口の中をキレイにしましょう。