4歳で口臭きついんだけどなんとかなる?

4歳で口臭きついんだけどなんとかなる?

ママは子供との距離が近いので子供の少しの臭いにも敏感になります。

 

3、4、5歳頃だと乳幼児でもないし、大人でもないので、何が原因で口が臭く
なってしまったのか分からないので、とりあえず口臭外来に行くママも多いです。

 

子供の口臭といえど、タイプがあるので、そのタイプによって多少原因は異なります。
たまに臭う、風邪など体調不良の時に臭う、1日中臭いタイプとあります。

 

まだ子供だからってほおっておくと。。

まだ3〜5歳だし、子供だからとそのうち治ると放っておくのはあまりいいことではありません。
子供同士は大人と違い、遠慮なく他人に指摘するので、子供の頃にそんなことを言われると
トラウマになってしまい、性格も暗くなってしまうこともありますし、最悪の場合はいじめに発展することもあるのです。

 

口臭は子供だけでは解決できることではないのでしっかりお親御さんが意識してあげることが大事なのです。

 

子供同士だと距離が近いので、体臭や口臭を感じやすいですし、悪気はないかもしれませんが、
平気で臭いと言ってしまうので、いじめられる原因にもなりえます。

 

子供のストレスと口臭には関係がある?!

だからといって、口臭にいいものを、とりあえず全てやらせると子供にとってとてもストレスが
たまってしまいますし、素直に歯磨きなどの口臭予防をさせてくれなくなってしまいます。

 

原因も特に分からずに口臭ケアをすることによって逆に口臭がきつくなってしまうことも
あるのでしっかりと原因を知ることが大事です。

 

また、ママの場合、子供と一緒にいる時間がパパや他の家族よりも比較的に長いので
臭いと感じると非常に気になりますが、他の家族に相談してもあまり真剣に取り合って
もらえない場合があるので、ママもストレスがたまってしまうので悪循環です。

 

一昔前だったら、他の子供と接する機会が多いので比較対象がいっぱいいたので、
他の子供より臭い臭くないが分かりやすかったのですが、

 

今は子供が少なくなっていますし、核家族化していることもあるので、自分の子供が
口臭がしているのかが分からないと悩み、とりあえず病院に行く場合が増えています。

 

 

ここで注意しなければいけないのが、子供はデリケートなので、ママの一言が大人に
なっても引きずってしまうことも少なくはないので、

 

「口が臭いんだからきちんと歯磨きしなさい!」などと怒ってしまうと子供は大人が
思っているより深く傷ついてしまうので、子供には口臭の指摘をするのはやめましょう。

 

 

3,4、5歳の子供の口臭対策はどうすればいい?

子供の口臭の原因と対策

子供の口臭を改善させるにはまずなにが原因を知る必要があります。

 

歯磨きが正しく出来ないことによる食べかすと虫歯が原因

歯磨きがきちんとできていない、口腔内が乾燥している(ドライマスク)ことがほとんどです。

 

歯磨きが不十分だと食べかすが残り、細菌が繁殖し、口臭の原因になります。

 

何もせずに放っておくと、虫歯や歯周病になってしまうので、小さい頃にからきちんと
歯磨きができるように教えてあげることが大事です。

 

3、4、5歳くらいだと、ママが仕上げ磨きしてあげるのも嫌がりますし、乳幼児でもないので
半ば力ずくでやるわけにもいかないので、ついつい放っておきがちですが、最近では歯磨きが
楽しくなるような動画や絵本もあるので、一緒に歯を磨きながら歯を磨くことは楽しいし、
大事ということを教えてあげましょう。

 

もう一つの原因である口腔内乾燥

口腔内乾燥は口が乾燥することによって、唾液量が減ります。

 

唾液には殺菌作用があるので、唾液が減ってしまうと殺菌しきれずに、免疫機能は低下
していき、細菌がどんどん増えていき、次第には口臭の元へと変化していきます。

 

口腔内乾燥の原因として口呼吸をしてしまい、口の中が乾いてしまいます。

 

鼻が詰まってしまっていて、口呼吸がくせになってしまっている子もいるので、大人であれば
ガムを噛むくせをつけることで口呼吸は改善されるのですが、子供なので糖分が入ったガム
しか食べられない子が多いので、虫歯の原因になりますのであまり得策ではありません。

 

噛む癖をつける必要があるので、ご飯を食べる時はゆっくり何回も噛んでから食べるように
教えてあげましょう。
子供の頃にくせをつけておかないと、大人になってもなかなかくせは治りません。

 

また、口呼吸の原因は噛むクセがないだけではなく、精神的ストレスによっても起こります。
子供が何でストレスを感じているのか大人がしっかり見てあげて、話を聞いてあげるこおでも
だいぶ改善されるので、しっかりお子様の話を聞いてあげましょう。

 

体内の水分が少ないことによっても、口臭が起こりやすくなるので、無理に飲ませなくても
いいですが、意識して水分補給をしっかりさせましょう。

 

緑茶や紅茶にはカテキンという口臭予防になりますので、紅茶や緑茶を飲んだり、うがい
すると大幅に口臭は改善することができます。

 

コーヒーにも口臭予防効果がありますが、子供の消化器系には刺激が強いので日常的に
とっていると、胃や腸に負担をかけてしまうので、子供にはコーヒーはあまり飲ませないようにしてください。