舌をキレイにすれば口臭は治る?

舌をキレイにすれば口臭は治る?

最近口臭きついと自分で思っています。雑誌やネットでよく見かけますが、舌をキレイにすれば口臭は治るものですか?

 

 

舌の上には、食物残渣、剥離した舌の上皮細胞、口腔内細菌及び、その代謝産物から構成されている舌苔というものがあり、それ自身は悪臭がします。
体調が悪い場合、不規則な生活、アルコールや、甘味飲料の多飲、刺激物の摂取により付着します。
さらに、口呼吸や、緊張の持続などにより、唾液が不足すると口腔内の自浄作用が落ちてさらに、分厚くつきます。もっと悪化すると、舌に縦に深い皺が出現したり、横に小さなしわが出たりして慢性化し、口臭はひどくなります。
もし舌の上に舌苔が分厚く覆っているのであれば「舌苔」を取り除くことで、口臭が改善されることはあります。

 

ただし、それは口臭の原因が舌苔による場合です。
ほとんどの場合はそれ以外のところに口臭原因があることが多いです。
自分の口臭がどこから来ているのかをしっかりと把握してから、その原因に合った対策をしなければ口臭は改善しません。
口臭外来かご自身で口臭原因を調べてから、ちゃんとした対策を行う必要があります。

 

 

もし舌苔による口臭原因だった場合、舌苔を取り除かなければいけません。
鏡で自分のベロを見てください。白い色が全体に広がっていると思いますが、それが舌苔です。
舌磨き専用のブラシか、なければ歯ブラシでも構いませんので、舌の奥のほうから撫でるように優しく丁寧に舌苔を取っていってください。
舌苔の取り過ぎや舌の磨きすぎは、舌を傷つけてしまい、唾液分泌が正常に行われなかったり、生体防御反応として舌苔がより付きやすくなりますので注意してください。

歯磨きはもちもん皆さん知っていると思いますが、「舌ブラシ」ってご存知でしょうか?
舌を出して鏡を見ていると、舌が主にピンクな人はいると思いますが、ほとんどの場合は白く苔が生えたようになっています。
これは決して病気ではありませんが、放っておくと口臭の原因になるのでしっかり知らブラシをして舌にある苔を取らなくてはいけません。

 

舌苔とは?

 

舌苔とは舌の表面に細菌や食べかすがたまっている状態です。
原因は様々ですが、ドライマスク、消化器系の機能低下などが関係しています。
特に舌苔があるからといって、病気になるわけではないのですが、放っておくと口臭の原因になります。

 

 

舌苔が口臭の原因になるのはなぜ?

 

食べかすや硫化水素が腐ることによって、メチルメルカプタンという口臭の原因となる臭いが発生します。
舌苔は触るとざらざらしていて、爪でも取れますが、舌を傷つけますので辞めましょう。

 

口呼吸によっても舌苔は発生します。
唾液は殺菌作用があるので口臭を防いでくるのですが、口腔内が乾燥していることによって唾液は少なくなり、菌は増加していくので口臭がひどくなってきています。
唾液が少なくなる原因はドライマスクだけではなく、過剰なストレス、抗生物質、ステロイド剤、高血圧、精神病の薬の副作用などによっても唾液量が減って舌苔ができ、口が臭くなります。

 

舌を動かすことによって唾液量を増えるので、唾液量が少ないと感じたら口の中を舐めるように舌をくるくるさせるのも効果的です。

 

 

舌ブラシの正しいやり方

舌苔は無理にとってしまうと舌を傷つけてしまい、細菌が繁殖してしまうので舌ブラシをする時は正しいやり方を覚えましょう。

 

鏡を見て舌をべーっと前に出してください。
舌ブラシを見ずに濡らして力を入れずに奥から手前に引いてください。
ここで餌付いてしまう人もいますがこの時に、息を止めると餌付きにくくなります。
舌を磨くのは一日に何度も行ってしまうち舌を傷つけてしまいますので、朝起きた時の歯磨きの時だけで大丈夫です。

 

子供の舌苔を取る方法とは?

舌苔は大人だけではなく、子供にも出来るものです。
ですが、子供の場合はただでさえ歯磨きすらも嫌がる子が多いので大人しく舌ブラシをさせてくれるのは難しいですし、無理やり押さえつけてやってしまうと舌の粘膜を傷つけてしまい、その傷からまた菌が繁殖してしまい、ますます口臭を強くする原因となってしまいます。

 

自発的に舌ブラシをさせるのは難しいお子様におススメ舌苔を取る方法とはなんと蜂蜜を舐めることなのです。
ただ舐めるだけでもなく、出来れば舌の上に転がすと舌苔は取れやすくなります。
なぜ舌苔に蜂蜜がいいのかというと、舌苔の原因となっている細菌、食べ物のカスはタンパク質でできています。

 

蜂蜜にはプロアテーゼという物質があり、タンパク質を分解し、殺菌する効果があるのです。
また、甘いので子供に舐めさせても大丈夫なのかと心配になる方もいると思いますが、蜂蜜の甘さは果糖に分類されているので、果糖は血糖値をあげないので安心して食べることができますし、蜂蜜なら子供も喜んで行うのでとても効果的です。
ですが、蜂蜜はカロリーが高いので、たくさん食べさせすぎると、太ってしまいます。
食べさせすぎには注意しましょう。
舌苔は舌先だけではなく、舌の奥にも出来るので、子供の場合は舌奥まで舌ブラシをしてしまうと、えづいてしまい、余計に舌ブラシを嫌がる恐れがあるので蜂蜜は使いやすいのでおススメです。

 

 

高齢の方の舌苔を取る方法

高齢の方でも自分のことは自分でできるほど元気であればいいのですが、最近年々増えている寝たきりになってしまう高齢の方も舌苔ができてしまっていますし、ただでさえ免疫機能が低下し、歯周病や虫歯になりやすく口臭になりやすいので、舌苔ケアをしてあげたいのですが、これも寝たきりの方に行うのはえづいてしまいやすいので、簡単な舌苔ケアができればいいですよね。
お子様の舌苔のように蜂蜜でも舌苔は改善されるのですが、お年寄りは蜂蜜の甘さに抵抗がある人が多いので、お年寄りの方でも毎日やりやすい舌苔ケア方法はお茶うがいです。

 

お茶にはカテキン成分が入っているので、口臭予防効果があります。
それだけではなく、歯周病や虫歯、風邪予防の対策にもなりますし、お茶うがいならお年寄りの方でも出来ますし、早く舌苔を取りたい場合は軽く舌ブラシをしてからお茶うがいをすると相乗効果になってさらに舌苔をキレイに取り除くことができます。

 

 

フルーツの力で舌苔対策

フルーツにも舌苔を予防する効果があります。
全てのフルーツに効果があるのではなく、メロン、パイナップル、パパイヤなどには蜂蜜と同じプロアテーゼというたんぱく質分解酵素があるので、舌苔をキレイにとることができます。

 

フルーツならば朝ごはん代わりに食べることもできるので、毎日自然と舌苔ケアをすることができます。