口臭を治せる薬を置いている薬局ってどこ?

口臭を治せる薬を置いている薬局ってどこ?

病院ではなく、薬局で口臭の薬を買いたい理由

 

口臭の原因は様々です。
内臓機能の低下、歯周病、歯石など理由は様々で病院に行くとなると自分で明確に何が原因で口臭が発生しているのなら問題ないのですが、まだ何が原因で口臭がしているのか分からないとなかなか行けないですよね。
薬局であれば、病院より身近な存在ですし、薬剤師がいるので気軽に相談することができるので薬局で買えるのであれば購入したいという人が多いです。

 

 

ドラッグストアでも購入できます

 

ドラッグストアには必ず薬剤師が一人いるので、気軽に始めたい方はドラッグストアで購入することもできます。
薬局エリアに必ず白衣を着た店員がいるので、その人が薬剤師なので口臭に効果がある薬を伺ってください。
大抵の場合はエーザイ社が販売している「サクロフィール錠」という葉緑素由来の銅クロロフィリンナトリウム配合されており、口臭・体臭予防にとても効果的です。

 

また、ドラックストアであればサクロフィール錠はほとんど手に入れることができます。
例えばスギ薬局、コスモスドラックストアなど。
お近くのドラッグストアに行き、一度薬剤師に聞いてみましょう。

 

 

口臭予防 漢方薬専門

ドラッグストアで購入できる薬だとなんとなく信用できない、自然の力で出来るだけ治したいという方は漢方薬専門店で口臭予防の漢方薬を購入してみてはいかがでしょうか?
もちろん漢方の専門医がいるので、どのような作用があるのかしっかり話を聞いてから漢方薬を処方してくれます。
漢方ってそんなに馴染みがないし、ハードルが高いという方はメールで質問することができるところが多いので、まずはメールか電話で問い合わせてみるのもありです。

 

ただ、カウンセリングをしてもらうと別途料金がかかる漢方薬専門店があるので、まずは料金体系をホームページや電話などでチェックしてから相談するようにしてください。

 

また、漢方薬専門店だと様々な体や心の悩みを相談できるので、まずは口臭の悩みが改善できたら、別の悩みにも相談にのってくれるので気軽に連絡してみましょう。

 

 

口臭に効果がある漢方薬一覧

 

口臭の原因によって処方される漢方薬は異なりますが、口臭に効果があるとされている漢方薬の一覧です。

 

【半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)・甘草瀉心湯(かんぞうしゃしんとう)

<効果>
消化器系機能を活性化し、口臭予防に効果的です。
その他には胸焼け、二日酔い、口内炎、下痢、胃腸炎などにも効果があります。
慢性的に消化器系機能が弱い方におススメです。

 

 

【甘草(かんぞう)・益母草(やくもそう)】

<効果>
口腔内が乾く(ドライマスク)によって唾液量は減少すると、殺菌作用が低下し、歯周病を引き起こし、口が臭くなることがあります。
この漢方薬はドライマスク、過剰な咳、風邪をひいたときに効果的で、炎症作用、熱を下げる効果もあります。

 

 

【ササヘルス】

<効果>
口臭だけではなく、体臭、口内炎にも効果があるとされているクマ笹の成分を抽出した漢方薬で、口臭サプリメントにもよく用いられています。
それだけではなく、最近疲れがなかなか取れないという方や食欲がわかないと言う方にも最適の漢方薬です。
唾液を増やす効果があるので、臭いの元となる菌の増加を抑えることができます。

 

 

【六君子湯(りっくんしとう)】

年齢が高い方、病気を持っている方で口臭が悩んでいる方に処方されることが多い漢方薬です。
この漢方薬だと体力があまりなくても処方されても副作用もなく、胃や腸の機能を良くすることで口臭を予防します。
その他には貧血、吐き気、疲労回復、冷え性にも効果があります。

 

 

まずは口臭の原因を探りましょう

 

やみくもに口臭ケアのものを試しても、口が臭くなった原因が分からなければ時間もお金も無駄になってしまいますので、まずは医師、薬剤師、漢方医の専門医に相談してカウンセリングを受けることによって何が原因で口が臭くなってしまっているのかが分かるので、原因を究明しましょう。

 

とりあえず口臭ケアのものを使っておけばいいと、漢方薬、サプリメント、薬などを一気に使用してしまうと副作用が出る可能性があるので、組み合わせても問題がないかなども専門医に相談してからにしてください。
まれに副作用で口臭がさらにひどくなることもあります。

 

一度口臭が治ったからといってまた同じことを繰り返していると再発してしまいます。
そしてある程度口臭が改善したら、口臭になってしまった原因はほとんどのことが食事内容、ストレスなどの生活習慣によるものが多いので、また口臭が再発しないようにしっかり対策をねって予防をずっと続けてください。